こだわり

「豚丼」とは、
北海道十勝地方発祥の丼料理です。
新鮮な豚肉を独特な甘ダレに何度も絡ませ、炭火で焼き上げ、ご飯の上に乗せて豪快に食べる 開拓時代からこの地方に伝わる伝統的な丼物です。当店では、国産豚のみを使用し、備長炭の1000度にも達する火力を使い、 自慢の秘伝のタレに絡ませながら一気に焼き上げ、丼ご飯の上に乗せて提供させて頂きます。
数々のこだわりのもとに厳選された素材を使用した「なまらうまいっしょ」の本格豚丼をどうぞご賞味くださいませ。
 

 
肉へのこだわり
上質な本ロース、上バラ肉のみを厳選し、使用しております。

柔かい肉質に上品な脂ののった特上リブロース、しっかりと脂ののった柔らかい上バラ肉のみを厳選し使用しております。

美味しいのは当たり前、何より食の安全に配慮する為には大切に育てられた物を徹底した品質管理の中で新鮮な状態で使用する事にこだわりました。

当店では冷凍肉は一切使用せずチルドにて仕入を行ない、鮮度を保ったまま調理しております。

これも美味しさを守る為のこだわりです。

米へのこだわり
国産コシヒカリを使用しております。

米本来の食味の良さやタレに絡めた肉との相性は勿論のこと、安心、良質 粒ぞろいの大切に栽培された「国産コシヒカリ」を厳選し使用しております。

ここでも食の安全にこだわらせていただきました。

米へのこだわり
炭は木炭を混ぜずに、全て備長炭を使用しております。

特に燃焼温度の高い物のみを厳選し使用することで、肉の旨味を逃がさず一気に焼き上げることができます。

木炭やガスの炎では出せないジューシーで柔らかく香り高い豚丼を提供する為のこだわりです。

タレへのこだわり
当店の為だけに作られた専用のタレを使用しております。
豚丼の本場北海道にて豚丼の伝統を守り貫いてきた熟練の職人の手により、時間と手間をかけ当店の為だけに作られた専用のタレです。
このタレは、この中に含まれる素材の風味や旨味を損なわぬよう、水を一滴も使わず非加熱で時間をかけ、ゆっくりと熟成させることで得られる深くまろやかな味わいに仕上げられました。
焼き上がり時のタレの香ばしさは、備長炭の香りとあいまって、食欲をかきたてます。
この、甘く上品な香り漂う秘伝のタレは、作り手のこだわりと共に北の大地より届けられております。